千葉の葬儀は、県内で地域的な違いはあるのか

葬儀の極意・千葉編

日本の葬儀では一般的に火葬を行いますが、千葉では葬儀の他にも、「長寿銭」など土着的な風習が残っている地域があるようです。

葬儀の極意・千葉編のmainimage

千葉の葬儀は、県内で地域的な違いはあるのか

日本の葬儀では一般的に火葬を行いますが、その他にも地域ごとにさまざまな風習があります。

もちろん千葉の葬儀も他の地域とは違った特色がありますし、県内でも異なるようです。

【世伽見舞い】

お通夜では故人の親族や知人が夜通しご遺体の側に付き添います。

「夜伽(よとぎ)」と呼ばれていますが、現在は葬儀場への事情や遺族の負担も大きいことから行われなくなってきました。

しかし、千葉の農村部では現在も夜伽が行われており持ち寄った食べ物を食べながら故人を偲ぶ風習が残っているそうです。

「夜伽見舞い」という儀式になります。

【長寿銭】

天寿を全うして亡くなった故人の葬儀では、「長寿銭」というものが参列者に配られる風習が千葉にあるようです。

長寿銭とは、五円玉に紅白の紐を通したものになりポチ袋に入れられています。

ポチ袋には水引が描かれているため葬儀に相応しくないのではと思う人もいるかもしれません。

ですが、長寿銭を持ち帰ると、故人のように長生きができると言い伝えられています。

【別れの杯】

千葉の松戸方面の風習ですが、焼香の前に親族がお酒を回し飲みする「別れの杯」という儀式があります。

親族全員でお猪口に入ったお酒を飲むのですが、口をつけるだけでもいいようです。

この他にも、千葉では葬儀の風習が色濃く残っている地域が点在します。

もちろん現代風なスマートな葬儀がスタンダードですので、住んでる地域の風習を調べて葬儀を検討するのもよいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 葬儀の極意・千葉編www.mobilerules.org.