千葉だけでなく、自宅の葬儀を希望する遺族も増えている

葬儀の極意・千葉編

生活の多様化や故人の遺志により「自宅で葬儀を行ってほしい」と望む遺族も増えてきています。自宅葬で気を付けるべきはどこでしょうか。

葬儀の極意・千葉編のmainimage

千葉だけでなく、自宅の葬儀を希望する遺族も増えている

千葉を含めた全国では、葬儀は葬儀場で行うことが一般的とされてきました。

しかし、生活の多様化や故人の遺志により「自宅で葬儀を行ってほしい」と望む遺族も増えてきています。

自宅葬を希望する場合は、どのような点に気を付けたらいいか、メリット・デメリットを紹介します。

【自宅葬とは】

文字通り、故人の住まいで行われる葬儀のことを指します。

昔は持ち家がほとんどであったことと、近所付き合いを大切にしていたため自宅葬がポピュラーでした。

しかし、核家族化やマンションなどの台頭、葬儀場がたくさん出来たことから葬儀場で行われることが一般的とされるようになっています。

ですが、費用の面で一般の葬儀場を利用することが難しい場合は自宅葬で小規模に行うケースも増えています。

【自宅葬のメリットとデメリット】

自宅での葬儀のメリットは、やはり費用の安さでしょう。

また、故人が望んだ場合であれば生まれ育った家で最期を迎えることができるため、故人に寄り添った満足度の高い葬儀が行われるといえます。

参列者も時間を気にせず、故人を偲ぶことができるでしょう。

逆にデメリットといえば、準備をすべて自分たちで行わなければならないことです。

人手の確保は必須といえます。

また、ご遺体と祭壇を設置するスペースの確保も必要ですので広めの部屋が必要といえるでしょう。

マンションなどの集合住宅の場合は、事前の管理人の許可や近所の人への事前挨拶が必要です。

参列者が出入りするため近所迷惑にならないよう、最大限の配慮が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 葬儀の極意・千葉編www.mobilerules.org.